【資産運用】元銀行員が外貨預金をおすすめしない理由3選

投稿日:

円建の預金金利が低下しているため、外貨預金に関心がある方はいないでしょうか。

外貨預金は実はあまりおすすめできません。

銀行などで一時的にキャンペーンなどをやっています。

しかし、為替の手数料が高いために総合的に見て、外貨預金がマイナスになってしまう可能性が高いのです。

その根拠や預金と異なり、保護する仕組みがないことなどを詳しく説明していきます。

これから、銀行取引で外貨預金の方に少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事のポイント

外貨預金とは

外貨預金の特徴

外貨預金のメリット・デメリット

 

 

外貨預金とは

外貨預金について、詳しく他人に説明できるでしょうか。

なかなかそんな人はいないと思います。

そんな方に外貨預金について説明していきます。

 

外貨預金の特徴

・米ドル、豪ドルが主流

・他の通貨として、ユーロやカナダ、ニュージーランドの通貨が選択できること

・円建てよりも高い金利が期待できること

・為替が円安にむかえば、為替の差益が受けられること

外貨預金を利用する人は、米ドル、豪ドルを利用することが多いです。

米ドルは、主要通貨のため利用する人もいます。

銀行に外貨預金に預けると、そのまま米ドルの紙幣で引き出すことも可能です。

現在は、ATMで米ドルを引き出すことができません。

窓口で米ドルなどの通貨を引き出すことが可能です。

しかし、近い将来、ATMで現金を引き出すことができるようなサービスも出てくるようです。

外国人が増えてきているため、ATMから外貨を引き出すサービスが出きるようになるようです。

 

 

 

米ドル・豪ドル

米ドルと豪ドルが銀行窓口では主流です。

なぜなら、米ドルは世界の主軸であり、豪ドルは金利が高いからです。

もし、外貨預金での取引を検討されているようであれば、米ドル、豪ドルで選択するのよいでしょう。

他の通貨は、通貨量が少なく、経済状況に応じて為替の影響を大きく受けます。

為替のリスクが取れ、金利を狙いたいということであれば、米ドルや豪ドル以外の通貨を選択するのがよいと思います。

 

外貨預金のメリット・デメリット

外貨預金のメリット

・金利が高いこと

・為替の差益でもうけが出ること

・外貨預金から外貨を現金で引き出すことができること

 

 

 

外貨預金のデメリット

・元本保証ではないこと

・為替の手数料がかかること

・途中での解約がしにくいこと

 

 

まとめ

この記事のまとめ

外貨預金は為替の手数料が高いのでおすすめしないこと

外貨預金は金利を取るために、中長期で保有しなければならないこと

円建て預金と違い、預金の保護の対象外であること

 

外貨預金についてご理解頂けたでしょうか。

元銀行員からすると、対面取引での外貨預金はおすすめしません。

外貨預金を利用するなら、ネット銀行での取引をおすすめします。

また、外貨預金に限らず、元本の保証がないことにも注意が必要です。

以上の理由により外貨預金の利用はおすすめしません。

 

-外貨預金, 資産運用

Copyright© イカるんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.