【転職】30代で転職するための方法3選

投稿日:

30代のサラリーマンの方、転職を考えたことはありますか。

皆さん、一度は転職を考えたことがあると思います。

新卒から30代までで、約半数の方が退職されているようです。

30代の方は、これまでがむしゃらに仕事に打ち込んできたと思います。

そんな中、パワハラやセクハラなどで会社をやめたいと感じている人も多いでしょう。

そのような方に円滑に転職する方法をお示ししていきたいと思います。

この記事のポイント

・転職した方が良いケース

・転職するための方法

・転職サイトのおすすめ

 

 

 

人事部が動かない場合には転職しましょう

どのような場合に転職した方がよいのでしょうか。

それは、パワハラやセクハラなどを受けているケースです。

いくら仕事内容に満足していても、上司からのパワハラやセクハラはどうにもなりません。

上司のさらに上の方に、相談してみるのがまずよいでしょう。

しかし、その結果、ますますパワハラやセクハラが悪化するケースが想定されます。

こうなってしまっては、どうにもなりません。

人事部に連絡し、部署を変えていただくなどの方法が必要になってくるでしょう。

人事部も動かないようなケースでは転職も必要です。

そのような場合には、体調を崩す前に退職した方がよいと思います。

それでは、退職をするためには具体的にどういった方法を取ればよいのでしょうか。

 

 

 

転職するための書類の記入方法

履歴書の記入方法

まずは履歴書を用意しましょう。

インターネットでダウンロードするか、紙で用意するかの方法があります。

おすすめは、ハローワークにある場所から、ダウンロードする履歴書です。

なぜかというと、ハローワークの履歴書の正式な書類であるためです。

また、紙で記入すると間違った際に訂正が大変です。

まずは、ダウンロードしたひな型を使い、履歴書を作成してみましょう。

ポイントは

・学歴

・職歴

・資格

・通勤時間

・連絡先

です。

職務履歴書の記入方法

職務経歴書はご存じでしょうか。

転職するまでご存じでない方が実はそれなりにいます。

職務経歴書とは、過去の自分の実績を自由に記入する書類です。

通常、職務経歴書をWordで作成します。

職務経歴書はWordで1枚から2枚で作成します。

記入方法は自由であり、決まった形式はありません。

自己アピールで使う用紙です。

しかしながら、そうはいっても何を記入したらよいか分からない方もいるかもしれません。

ポイントは

・現在の会社名、規模

・現在から過去の経歴

・自己PR

これらをまとめて記入するのです。

 

 

代表的な転職サイト、リクナビネクストとリクナビネクストのおすすめ

リクナビエージェント

リクナビエージェントは転職希望者一人につき、担当者が付く制度です。

専門性が高い人には、経験豊富な担当者になるケースが多いようです。

基本的にはパソコンで、転職する企業を検索します。

パソコンでよく検索されている情報を、担当者が分析し「担当者セレクト」と言ったメールが送れられてくることがあります。

おすすめは、やはり一度直接面談をしてもらうことでしょう。

履歴書、職務経歴書も依頼すれば添削もしてくれます。

「面接向上セミナー」と言って、面接に対してのセミナーも随時開催しています。

リクナビネクスト

リクナビエージェントは担当者はつきますが、リクナビネクストは自分で転職先を独自に探すのが特徴です。

特に担当者がつくことはありません。

担当者からの連絡がない方がよいと考えている人には、リクナビネスクとが向きと言えるでしょう。

転職サイトによっては、しつこく連絡を取ってくるエージェントもいます。

業界、業種が決まっている方に対しては、リクナビネクストがおすすめです。

 

まとめ

 

この記事のまとめ

パワハラ・セクハラで人事部が動かないようであれば転職も視野に入れましょう。

いざ、転職する際には、履歴書・職務経歴書が必要です。

転職のサイトの王道は、リクナビエージェント、リクナビネクストです。

 

30代のサラリーマンの方、納得できる転職の内容だったでしょうか。

現実的には、30代での転職はなかなか難しいと思います。

しかし、今までの経歴を生かしさえすれば、スムーズな転職も可能です。

高い理想を捨てて、最低限これだけはゆずれないようなものがあると、より良いでしょう。

それでは、皆さんの転職後の幸せな生活を祈っています。

 

 

-転職

Copyright© イカるんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.